中国ありのまま

飾らない暮らし。たくましく生きる中国の人たち
edit-notes16.png--.--.--.
ichiran16.pngスポンサー広告

スポンサーサイト

⇒ 続きを読む

ニセもの iPod 2

オープニング画面にも、しっかりとiPod の文字とリンゴマークが現れます。徹底しているというか、しつこい。...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2008.06.07. ichiran16.png

ニセもの iPod 2

ニセもの iPod 1

中国は世界に冠たる偽物大国。有名ブランドと一字違いのロゴをつけるといった比較的控えめなものから、デザイン盗用、中身のすり替え、果ては丸ごとコピーまで、何でもござれの無節操ぶり。街にはニセ物が氾濫し、堂々と店を構えて売っています。...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2008.06.07. ichiran16.png

ニセもの iPod 1

ニセ札を使う

とうとうニセ札を掴まされてしまいました。中国では広く偽札が出回っているのは聞いていんましたし、100元札で支払いしようものなら店員が必ず調べるのも見てきました。駐在の長い同僚がタクシーのおつりの50元札をにせ札だと突き返すのを見た事もあります。それでも、実際に我が身に降りかかるまで、偽札大国に住んでいるという実感はなかったのです。...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2008.03.16. ichiran16.png

ニセ札を使う

元宵節 8

写真の最後は出番を待つ女の子たち。ほとんど化粧はしていないけれど華やかさがあります。...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2008.03.06. ichiran16.png

元宵節 8

元宵節 7

出番前のパレード参加者たち。普段黒系統を着る事が多い中国人ですから、きんきらできらびやかな衣装が祭り気分を高めます。...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2008.03.02. ichiran16.png

元宵節 7

元宵節 6

パレードは続きます。今度は籠を体の前後に下げた女の子たち。形からして食べ物が入った重箱のようです。天秤棒は竹でできているのか、歩くたびに籠が大きく上下します。...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2008.03.01. ichiran16.png

元宵節 6

元宵節 5

パレード出発。銅鑼を先頭にするのがいかにもチャイナっぽい。なぜかこの隊は女性ばかり。したがって、服も当然赤一色。いやいや、めでたいめでたい。...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2008.02.29. ichiran16.png

元宵節 5

元宵節 4

出発前に太鼓の調子をみていました。赤一色で目がチカチカするのも中国らしさがいっぱい。...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2008.02.29. ichiran16.png

元宵節 4

元宵節 3

いよいよドラゴンの登場。周りから歓声が上がる中、勇ましく駆けてきます。...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2008.02.28. ichiran16.png

元宵節 3

元宵節 2

何やら曰くありげな装束と化粧で飾り立てた行列もありました。解説してくれる人がいないのでよくわかりませんが、道教系のような気がします。主人公らしき、一番目立つ人物。...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2008.02.28. ichiran16.png

元宵節 2

元宵節

2月17日の日曜日、ずいぶん外が騒がしいなと思ったら、祭りをやっていました。調べてみると農暦正月十五日に行われる元宵節という祭りで、上元節とか灯節とも呼ばれるようです。漢文帝が諸呂の乱を平定した日を記念して元宵節としたとか、仏教や道教など宗教上の習俗とかいわれています。灯篭がキーになるらしく、そういえば台北に住んでいる時も、ランタンや派手な電飾山車を見物に行っていたものでした。...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2008.02.27. ichiran16.png

元宵節

edit-notes16.png2008.02.04.
ichiran16.png未分類

シンセンに引っ越しました

2007年11月にシンセン駐在となりました。ネット接続の手続きは順調だったのですが、肝心の接続速度があまりに遅くて泣けてきます。珠海も遅かったけれどシンセンは使い物にならないほど遅くて、とてもブログの更新をする気になれませんでした。旧正月休暇で日本に帰ってきて、ごく普通にネットが使えるありがたさをかみ締めています。...

⇒ 続きを読む

PETボトルすくい

前回と同じ珠海の香洲湾の引潮どき。ゴミが散乱する岸辺に下りて水面を見渡す中年女性。...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2007.11.17. ichiran16.png

PETボトルすくい

スチロールすくい

満潮となった香洲湾にたたずみ、なにやら探索の目を珠江の水面に走らせめる中年女性。手にしているのは6mもあろうかという長い竹ざお。気になって観察していると、おばさんは何かを見つけたらしくさおを操り始めました。...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2007.11.11. ichiran16.png

スチロールすくい

リサイクル業者

環境問題が関心を集めている昨今、リサイクル業者という表現にすると耳あたりがよろしいようです。とはいっても、実は回収車どころか自転車も持っていそうにない、再利用可能なゴミを拾って生活の糧とする人たち。こうした人たちは中高年者がほとんどで、年金などの社会保障が充実していない中国での生活の厳しさをうかがわせます。...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2007.11.09. ichiran16.png

リサイクル業者

清掃職員

珠海市情侶路でゴミを拾う清掃職員。こういった清掃専従者が一日中繁華街や観光地のゴミと戦っています。そのおかげで、珠海は中国にしてはゴミの少ない町でいられるわけです。...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2007.11.09. ichiran16.png

清掃職員

edit-notes16.png2007.11.07.
ichiran16.png中国人的日常

中国人は背が低い

Dragon_eye は珠海に来るまで、日本人より中国人の方が背が高いのかなと思っていました。バスケや世界陸上などで中国選手を見ているとバカでかい人が目に付くし、中国人のファッションモデルなども背が高いからです。ところが、来てみると大違い。町を歩いても大柄な人よりも小さい人が目に付きます。最近読んだ本によると、中国人の若者の平均身長が日本人のそれより低いという調査結果が出て、中国は国をあげて大ショックを受け...

⇒ 続きを読む

珠海 香洲での大道芸人

香洲の路上で曲技をする親子。女の子は小学生1年生くらいの背丈ですが、中国人は小さいので年齢は想像がつきません。顔が似ているようなので親子かと思いましたが、ひょっとすると兄妹かも知れません。どうでもいいけれど。...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2007.11.03. ichiran16.png

珠海 香洲での大道芸人

他人の迷惑より自分の都合

毎朝決まって渋滞する中学校前の道路。画面右にある中学校の門前に子供を下ろそうと、どの車も呆れるほどの好き勝手な振舞いです。...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2007.10.30. ichiran16.png

他人の迷惑より自分の都合

edit-notes16.png2007.10.28.
ichiran16.png通訳のCさん

子は宝

一人っ子という思い切った人口抑制策をとる中国。希少な存在となった子供は小皇帝と呼ばれるほどに甘やかされ、過保護に育てられているといわれています。翻って我が日本。中国とは反対に少子化対策担当大臣までおいて国が人口減少に歯止めをかけようと躍起になっていますが、たいていの家庭で子供は一人か二人。その点では似たような環境なのですが、子供への接し方は日中間で大きな違いがあるようです。...

⇒ 続きを読む

街頭テレビ

東莞にある部品メーカーの工場へ行った時、仕事が長引いて夜になりました。出てくると、工場と道を隔てた向こう側に人だかりがしていました。...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2007.10.26. ichiran16.png

街頭テレビ

珠海 普陀寺 6

寺から離れたところに仏教絵巻の壁画があります。仏教に詳しくない Dragon_eye には起源がわからず、原画が古いのか新しいのかも判断できませんが、タイルに焼付けた絵は極彩色の見事なものです。...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2007.10.25. ichiran16.png

珠海 普陀寺 6

珠海 普陀寺 5

一番奥は4層の建物となっていて、中には黄金色をした小さな仏像がぽつんと祀られていました。ひょっとするとこちらが本尊なのかも知れません。テント張りの中に像を置くというのは日本人的には違和感がありますが、吹きさらしの露天ではもったいないという中国的こころなのかも。...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2007.10.23. ichiran16.png

珠海 普陀寺 5

珠海 普陀寺 4

石段の下に転がっていた石造りの三鈷杵。これを見てこの寺が密教系であるのがわかりました。それにしても、鳥か犬かのフンにまみれたまま放置するとは、なんとも罰当たり。中国では寺でもこんな調子のようです。...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2007.10.23. ichiran16.png

珠海 普陀寺 4

珠海 普陀寺 3

次の伽藍の前に香炉がありました。日本ではあまり見られない渦巻き状の線香が吊下がっています。...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2007.10.21. ichiran16.png

珠海 普陀寺 3

珠海 普陀寺 2

山門内には日本と同じように仁王像が左右に一体ずつ。でも、ガランとした山門内にただ置かれているだけという印象はなんとも寂しいものです。...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2007.10.17. ichiran16.png

珠海 普陀寺 2

珠海 普陀寺 1

市内バス99番の終点にある普陀寺。珠海にはほとんど宗教施設が見当たりません。新しく発展した町ということもあるのでしょうが、文化大革命で迫害を受けた歴史もあって、やはり中国では宗教熱は低そうに思えます。...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2007.10.16. ichiran16.png

珠海 普陀寺 1

珠海市香洲の雀荘

香洲の長距離バス駅付近は比較的古い建物が多く、一歩路地裏に入れば飾らない庶民の生活に触れる事ができます。ここには雀荘が何軒かあり、一日中パイをかき回す音が聞こえてきます。...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2007.10.14. ichiran16.png

珠海市香洲の雀荘

珠海情侶路の大道商売

休日には多くの人出で賑わう拱北の散策路。これをあてにしていくつもの大道商が営業に集まってきます。上は写真屋さん。ノートパソコンとカラープリンタを用意して、自動車用バッテリーを載せた台車で営業しています。...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2007.10.13. ichiran16.png

珠海情侶路の大道商売

珠海情侶路の物売り

植え込みの蔭で一休みするみかん売りのおじさん。もう午後になっているというのに、かごにみかんがいっぱい。これでは担いで歩くのも大変そう。...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2007.10.11. ichiran16.png

珠海情侶路の物売り


Menu

検索フォーム

キーワードで記事を検索

 

プロフィール

Dragon Eye

Author:Dragon Eye
めざましい発展を続ける中国。日本を抜いて世界第二の経済規模になった中国の庶民の暮らしぶりをじっくりと観察します。
郷愁を誘われたりぎょっとしたり。

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。